今朝がた、三浦さんからこんなチャットが

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

[引用 aid=702401 time=1474579307]TO 皆様

理解できなくても、必ず読んでください

日本の経済状況っす〜〜

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160921-00137058-toyo-bus_all[/引用]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

こういうことにも目を向けないとビジネスマンとしていかんぜよ。

 

ってことだと思うのですが、空気を読まずにちょっと別口から

僕なりのコメントをしようと思います。

 

 

丁度マネーショートを見たところなので、面白い記事だなと
読ませていただきました。

 

マネーショートという映画は、リーマンショックの際の話で

事前にサブプライムローンが破たんすると気が付いた人たちの話です。

 

最終的には、全員勝つのですが、その勝ちは数百万人の人が

家を失ったものの上にあるというヒューマンドラマ系です。

ブラピも出ていました。

 

さて、

安部首相が現在の日本はリーマンショックの時と似ている
と発言している事。

 

これが何を意味しているのかってことですが
誰かが嘘をついているということと考えています。

 

周りを見ても景気が良くなったと感じている人は少ないです。

 

サラリーマンの給料が上がったのか・・・

 

僕の事業の一つの福祉は景気・政権に左右される業界です。
ですが、ここ数年は右肩下がりの政策ばかり。

 

あれれ・・
景気が良くなる→税収が上がる→福祉に・・・
という図は初めからなかったものとされています。
つまり、誰かが嘘をついているってことです。

 

 

数値上はすでに日本の国債は大変なことになっています。
よく言う国民の借金が増え続けているということですね。

 

スーパーデフレの脱却と銘打ってアベノミクスという名の

よくわかららない税金のバラマキで

 

本当に良くなったのかどうなのかもわからない経済。

 

でも、メディアでは景気が良くなった、ボーナスが増えた

そんなニュースが報道されまくっていた。

 

 

選挙が終わってからは、すこし静かになっているけど

結局のところ、日本の財布の状況はさほど向上していないというのが

現状であるわけです。

 

この記事の記者さんもマーケットがどこを差しているのかにもよりますが

株価は上昇しても、実は円高は防げていなかったりする。

21日の黒田さんの発言以降下落し続けたドル円は102.5→100.5という

2円も下げているんですよね。

 

つまり、日銀の政策の嘘に市場は気が付いている。

もしくは、遅すぎて誰も期待できなかった失望ってかんじでしょうか。

 

リーマンショックの際、事前に焦げ付いてきていたローン返済が増えてきているにもかかわらず

評価機関が隠し通そうとした。

 

というか、役所なんて結局責任の押し付け合いなので

どこも言いたくなかったというのが現状だろう。

 

まさか、住宅ローンが破たんするなんて。

 

だーれもそんなこと想いもしなかった。

 

 

今の日本の現状で考えると

銀行が破たんするなんて考えられないと誰しもがいまだに思っているだろう。

 

一時期銀行破たんの対策として1000万までしか保証しないよっていうルールは出来たけど

一時期話題になったけど、みんな忘れちゃってるでしょう。

 

で、これですよ。日銀の政策が。

 

お金はありません。

でも、お金を使います。

 

そのお金はどこにあるんだろう。

 

日本の景気が良くなったから税収が上がる?

法人税を下げて個人の税を上げる。

その第一が消費税っしょ。

10%は先送られたけど、3%増えたものはどこに行ったのかな?

 

年金の運用で失敗したお金はどうするのかな?

 

そういうことをしっかりと国民は知らないといけないと思うわけです。

 

 

我が家のお財布の状況。

 

旦那は知らないもんかもしれませんね。

 

っというか、こういう話の流れじゃないかもしれませんけどね(笑)

 

 

うん、国債!

★Business elite club (BEC)特典ページはこちら
BEC茂呂の超絶特典オンリーワンプログラム 「あなたを輝かせる全てを。」
特典ページはリアルタイムで更新していますのでチェックを忘れずにね!


クリックするとお金持ちになるかも。